トップページ » 特集 » ちょっと粋(変?)だね、遠州の人2

特集

ちょっと粋(変?)だね、遠州の人2

せっかち。

「遠州の人の下駄は前の歯から減るが、駿河の人の下駄の歯は後ろから減る」という言葉があります。 急ぎ足で歩く人の下駄は前の歯から減り、ゆっくり歩く人は後ろの歯から減ります。

つまり、この言葉は、遠州はせっかちな人が多いのに対して、駿河はのんびりした人が多いということを表しているのです。
今でも、歩くスピードはもとより、クルマの運転のスピードも、静岡より浜松の方が断然速いですよね。歩くスピード日本一はいらち(せっかち)な大阪の秒速1.60メートル、次いで東京の1.56メートルと言われていますが、浜松は三番手グループに位置していると思われます。遠州の人は、何をするにもテキパキしていますが、反面「じっくり」とか「コツコツ」は苦手なようです。

ちなみに、下駄を履くと、お父さんの水虫にいいのはもちろん、小さいお子さんの場合は土ふまずが出来るそうです。また、毛細血管が刺激されて血行も良くなると言われています。せめて休日ぐらい、みんなで下駄を履きませんか?

オマケ好き。

浜松の餃子屋さんで餃子を頼むと、大抵もやしが付いてきます。もやしの置かれている場所は特に決まっておらず、餃子の真ん中や餃子の上や下、隣りとマチマチです。お店ばかりか、家庭で食べる餃子にも、もやしを付ける人が多いようです。同じ静岡県でも静岡市はもやしなど付いていません。私の知る限り、全国的にも、もやし付き餃子は浜松だけなのです。

そもそも「餃子だけだと寂しいから」と、もやしが付いたらしいのですが、「オマケとしての『もやし』」というのが、いかにも、価格意識が強く、ビジネスに対してもシビアな評価をするオマケ好きな浜松らしさと思うのは私だけでしょうか?

ちなみに、もやしは低カロリーなうえ、ビタミンCをはじめ食物繊維が含まれていて、便秘や肥満の予防、さらにビタミンB2が脂肪の新陳代謝を活発にするためダイエット効果もあるのだそうです。このもやし付き餃子、全国的に流行るかもしれません。そうそう、今日の夕食、もやし付き餃子なんかいかがですか?

矢野新一
No.1戦略研究所所長。昭和24年、東京生まれ横浜育ち。
本業はマーケティングコンサルタントだが、県民性研究の第一人者でもある。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック