トップページ » 特集 » 浜松の古墳めぐり

特集

浜松の古墳めぐり

写真:光明山古墳空撮3世紀後半から7世紀末にかけて日本各地で造られた古墳。浜松市内にも、約1700基の古墳が確認されています。

下草が枯れて古墳の形が分かりやすい今の季節は、古墳を見るベストシーズン。意外と身近なところにあるので、次の休日にでも探しにでかけてみませんか?古代の人たちの息吹を感じられるかも知れません。

古墳とは…

一般的には土を高く盛って造った墳丘をもった古代の墓のこと。「高塚」と呼ばれることもあります。各地域を支配した豪族や有力な家族が、権力を示すために造りました。

古墳の種類

図:円墳、方墳、前方後円墳浜松市内には、前方後円墳・前方後方墳・円墳・方墳があります。前方後円墳は円形と台形を組み合わせた形で有力者の古墳がこの形をとっています。大型のものが多く、最大のものは大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)で486mもあります。浜松市内最大の前方後円墳は光明山古墳で全長88,4mです。

方型と台形を組み合わせた前方後方墳は数が少なく、浜松市内では北岡大塚古墳の一基しか発見されていません。規模も前方後円墳ほど大きくなく、大型のものでも200m以下です。

全国にある数十万基の古墳のうち、約9割を占めるのが円形の円墳です。浜松市内最大の円墳は千人塚古墳で直径が49mあります。6世紀以降は、有力な家族による小型(10m前後)のものがたくさん造られました。

方墳は基本的には正方形なのですが、中には長方形のものも。全国に2000基以上あり、7世紀以降は群集墳にも採用されました。

浜松市内の主な古墳

見徳古墳(けんとくこふん) / 北区都田町
写真:見徳古墳都田総合公園西側の墓地にある直径12m、高さ2mの円墳。築造年代は7世紀初頭で、7世紀前半に追葬が行われています。
主体部は、全長8.3mの疑似両袖式石室。横穴式石室の全体像が把握できる数少ない古墳の一つで、玄室と羨道、それぞれに壁面から張り出した立柱石が確認できます。実物大の石室模型が、浜松市博物館で見学できます。
火穴古墳(ひあなこふん) / 西区深萩町
根本山周辺の古墳の一つ。その中では最大規模の直径21mの円墳です。
主体部は整った形態の両袖型の横穴式石室で、石室の大きさは全長9.3m。6世紀後半の築造と推定されています。
興覚寺後古墳(こうかくじうしろこふん) / 浜北区宮口
写真:興覚寺後古墳姥ヶ谷段丘に築かれた全長35mの前方後円墳。天井に前室構造を持つ畿内型の石室は、全長8mと大きい。 出土品は馬具、鉄製の武器類、装身具、須恵器など。
築造年代は6世紀前半で、この地域で最後の前方後円墳です。横穴式石室を最初に採用したこの古墳に葬られた人は、中央政権とも何らかの関わりのある豪族と推察されます。
二本ヶ谷積石塚群(にほんがやつみいしづかぐん) / 浜北区染地台5丁目
写真:二本ヶ谷積石塚群河岸段丘に形成された二本の谷の中に分布する古墳群で、積石塚(石で築かれた古墳)のみで構成されています。方墳が多く、規模は1辺が3〜9mと小規模。埋葬品として、変形神獣鏡、鉄器、玉類、石製品などが出土しています。
積石塚は全国的にも数が少なく、県内ではここだけ。国内外の積石塚の類似例などから渡来人の墓ではないかといわれています。ここは公園として整備されているので、行きやすい場所。実際には保護のため埋め戻されていますが、その上に再現した積石塚を見学することができます。
弘法穴古墳(こうぼうあなこふん) / 西区舘山寺町
舘山寺の境内(裏山)に所在する後期古墳。
主体部は横穴式石室で、玄室は銅張型。玄門の立柱石を側壁から張り出させて両袖とする疑似両袖型の石室です。こうした特徴は、三河地域の横穴式石室と類似しています。
光明山古墳(こうみょうさんこふん) / 天竜区山東(県指定史跡)
写真:光明山古墳天竜区の古墳は70基ほどあり、旧天竜市内と旧春野町でのみ確認されています。その中で最古・最大の古墳が光明山古墳です。全長88.4m、後円部直径46m、後円部の高さ7.5mなど市内では最大の前方後円墳で、おおむね旧形をとどめています。
未発掘のため、主体部の構造は不明ですが、墳丘では埴輪などが確認。出土品から築造年代は古墳期中期の5世紀後半と推定されています。

コラム

古墳を見に行く前に、博物館に立ち寄ろう

古墳の出土品の多くは、浜松市博物館に展示されています。
展示品を見て、予習をしてから実際の古墳を見に行くのがおすすめです。 古墳を見るときには、まず古墳がどのような場所にあるかを確かめましょう。周りを歩いてみたり、石室の形を観察してみるのもいいですね。

服装と持ち物

山道や急な斜面を歩くことも多いので、それに適した服装と靴を用意。手袋や古墳の石室内に入る場合は頭の保護のため帽子があるといいでしょう。

石室内は暗いので、懐中電灯も必要。地形図があると古墳の位置を記入して立地の特徴を把握できます。

また、ほとんどの古墳は民有地にあるため、見学の際はみだりに畑や民家敷地に立ち入らないように注意しましょう。

取材協力

浜松市博物館 [電話] 053(456)2208


ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック