トップページ » 特集 » 浜松の伝統工芸 ざざんざ織り

特集

浜松の伝統工芸 ざざんざ織り

写真:初代と二代目
初代と二代目

織物業を営む「あかね屋」の初代、平松実氏が昭和4年に創作した絹織物。2頭の蚕が共同で作った玉繭から紡いだ貴重な糸と、普通の糸とを一緒に紡ぐためにできる太さのムラが、ざざんざ織りの特徴です。手間暇かけて草木染めされ、昔ながらの手機手織りで丁寧に織り上げられる逸品の数々が目を惹きます。

作品の美しい風合いは着物や帯締めはもちろんのこと、ストール・マフラー・敷物などにも生かされています。最近ではネクタイや財布、タペストリーなどにも加工され、浜松の土産として、また工芸展の目玉として人気です。

名前の由来

写真:ざざんざの松

ざざんざは「颯々」とも書き、松風の音を表現したものと言われています。当地の有名な松の下で、将軍足利義教が「浜松の音はざざんざ…」と読んだことから、その松が「ざざんざの松」と名付けられました。潮風に冴え、人々に美しさとやすらぎを与える松にあやかって、平松氏に命名されたのだそうです。

←八幡宮のそばに現存するざざんざの松(三代目)。四代目は石碑とともに、野口公園に植えられています。

制作工程

写真:制作工程

  1. 燃糸…生糸を使用する太さに燃(よ)る
  2. 精錬…燃った糸を釜に石鹸とともに入れ、4時間煮る
  3. 染め…茜・やまももなどの草木・植物を用い、灰汁・みょうばん・鉄などの媒染材によって色合いを工夫している
  4. 糊付け…染色した糸にふ糊を用いて糊付けする
  5. 整経…糸を糸車で管巻きし、整経台で一反の長さと巾に整える
  6. 綜絖…縦糸を綜絖(そうこう)に通す
  7. 筬通る…縦糸を筬(おさ)に通す
  8. よこ糸巻き…染めた糸をよこ糸にするために小管に捲く
  9. 織り上げ…手織り機で織る
  10. 整理仕上げ…織り上げた反物を湯の中に通す

コラム

綜絖(そうこう)と筬(おさ)

写真:綜絖(そうこう)と筬(おさ)機織り機で大事な、縦糸を通す部品。コンピュータでいえばハードとソフトに例えられ、紋様のデザイン通りの布を織るために重要な役割を持っています。

ざざんざ織りの技術を引き継ぐ

写真:ざざんざを織る平松久子さん1
写真:ざざんざを織る平松久子さん2

現在「あかね屋」を切り盛りし、ざざんざ織りの手織り技術を守っているのは、二代目平松哲司氏の奥様である平松久子さん。お嫁にきて初めて、ざざんざ織りの手ほどきを受けたのだそうです。生糸を紡ぐところから始まって、膨大な手間暇と時間がかかる手織物。慣れるまでは大変だったそうですが、真剣にとり組んでみればおもしろく、ざざんざ織りの自然の艶、絹織物独特の美しさに惹かれていったと言います。

「工芸展でネクタイを購入されたお客様が、手に馴染んで使い勝手が良いからとわざわざ当店まで買いに来てくれたことも」と、平松さん。「他のストールやマフラーにしても新しいうちは固めに感じるのが、使えば使うほど手に馴染み肌に馴染んで使いやすくなって、ずっと使えるのがざざんざ織り製品の良いところ」と、愛情を持って話します。

美智子妃殿下にストールを献上!

写真:献上したストールと同様の作品
献上したストールと同様の作品

平成15年、静岡県で国民体育大会が行われました。その時、美智子妃殿下への献上品として浜松市ならではの物をと選ばれたのが、ざざんざ織りのストールです。糸の選定から仕上げまで、丸々2ヵ月かけて織った渾身の作品です。

毎日機織りに向かう

写真:ざざんざを織る手元
写真:織りあがっていくざざんざ

工房では3機の機織りにそれぞれの糸が配置され、帯締め・マフラーなどを制作中です。「毎日少しずつなので、○月○日までと日程をせかされたり細かなデザイン指定があると、少々大変なの。でも、せっかくざざんざ織りが好きで、作って欲しいと言われると頑張っちゃうのよね」と平松さん。一目でも間違いを見つけると、必ずほどいてやり直すそうです。「きちんと仕上げた作品をお届けしたいですからね」。トンパタンと機織りの音がするたびに、魔法のように美しい布が織られていきます。

伝統工芸展のお知らせ

H21.2/26〜3/3まで、遠鉄百貨店8Fで行われます
ざざんざ織りの作品に加えて、竹細工・木工(漆作品)なども展示。様々な体験コーナーもあるそうです。

取材協力

写真:平松久子さん

(有)あかね屋 / 平松久子さん
浜松市中区中島2−15−1
[電話] 053-461-1594 [URL]http://homepage2.nifty.com/zazanza/

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック