トップページ » 特集 » 浜松のお土産1 浜松市楽器博物館

特集

浜松のお土産1 浜松市楽器博物館

写真:浜松市楽器博物館ミュージアムショップ「アンダンテ」

浜松市楽器博物館内にあるミュージアムショップ「アンダンテ」。ここでは、浜松市楽器博物館の刊行物をはじめ、楽器をモチーフにしたアクセサリーやミニチュア、文具、キーホルダーなど、約1400点ものグッズがそろっています。

数年前までは、来店者の多くは観光客でしたが、最近ではクラシックブームということもあり、浜松市内やその近郊に住む人が自分のためにグッズを買いそろえることも多いそう。手軽な価格も人気の理由の一つ。海外へ行く際など、手土産として購入する人もたくさんいるとのことです。

数ある商品の中から、お土産に最適のグッズを紹介します。

浜松楽器博物館 お土産グッズ

  • 浜松楽器博物館コレクションシリーズ

    写真:浜松楽器博物館コレクションシリーズ

    浜松楽器博物館オリジナルCD。楽器博物館所蔵の楽器による演奏が収められています。現在、「19世紀のトランペット」や「ブランシェ」など16シリーズを販売。ここでしか手に入らないため、大変な人気シリーズになっています。その中でも特に人気が高いのが「コレクションシリーズ3 チェンバロ」(2200円)。16〜18世紀のオリジナル楽器によるフランス、イギリス、イタリアの珠玉のバロック小品集で、1枚通して聞くとまるで一夜のコンサートのようです。

  • YAMAHAミニハーモニカ

    写真:YAMAHAミニハーモニカ

    楽器の街浜松を代表するお土産の一つがこのミニハーモニカ。ペンダントやキーホルダーになるほど小さいのに、1オクターブの音を正確に出すことができます。もちろん演奏も可能。小さくても、ちゃんとYAMAHAのロゴがはいっているのもうれしい限り。ペンダント、キーホルダー共、シルバーが1365円、ゴールドが1995円。化粧箱入りです。

  • ご祝儀袋

    写真:ご祝儀袋

    音楽好きなら、ぜひご祝儀袋も音符のマーク入りを。水引がト音記号の形になったかわいいけれど上品なご祝儀袋は、結婚祝いにはもちろんのこと、卒業・入学祝いや出産祝いにも最適。数種類の短冊も付いています。ピンクと水色の2種類。一枚473円です。

  • デザインブックマーク

    写真:デザインブックマーク

    楽器のシルエットがおしゃれなブックマークは、お土産にも自分用にも欲しくなることうけ合い。ステンレス製なので、軽くて折れ曲がりにくいのが特長です。トランペット、クラリネット、トロンボーン、ハープ、バイオリンなど12種類の楽器がそろっています。1枚368円。

  • 寄せ木細工のブローチ&ストラップ

    やさしい風合いの寄せ木細工のブローチ(420円)とストラップ(840円)は、一つひとつ手作り。サックスやホルンなどの管楽器、ギターやバイオリンなどの弦楽器など、種類も豊富です。ちょっとマニアックな琵琶などの楽器もそろっています。

    最近人気なのが、楽器を持った動物シリーズ。「ウサギとバイオリン」、「ネコとクラリネット」など、かわいいキャラクターがほのぼのした気分にさせてくれます。

アンダンテ
浜松市中区中央3-9-2
[電話] 053-451-0300
[営業時間] 9:30〜17:30
[定休日] 第2、4水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、施設点検日(原則的に浜松市楽器博物館と同じ)

「浜松市楽器博物館」はこんなところ

1995年(平成7年)に日本初の公立楽器博物館として開館。世界の楽器を同じ目線で平等に紹介し、楽器や音楽を通じて、世界の人々の文化を紹介する博物館です。

2006年3月に展示を大幅にリニューアル。1200点もの楽器の展示、ヘッドフォンや小型モニターによる演奏風景の紹介、イヤホンガイドによる解説、体験ルームでの自由な楽器の演奏など「みる・きく・ふれる」の展示がますます充実。東洋最大かつ、世界にも誇るこの楽器博物館。大人も子どもも楽しめる博物館です。

体験ルームでは、手作りの竹の楽器やアフリカの太鼓ジェンベなど、自由に演奏体験ができるので、大人にも子どもにも大人気。

イベントのお知らせ

  • 第83回レクチャーコンサート 「知性と感性〜ストローの笛」

    ごく普通のストローの、どこでも売っているあのジュースを飲むストローが、なんとも愉快な笛に変身!素敵な音楽を奏でます。

    • [日時] 4月18日(土) 14:00〜
    • [会場] アクトシティ浜松 音楽工房ホール
    • [料金] 一般1500円 学生1000円
  • 第84回レクチャーコンサート 「天と地と‐雅楽三管 笙、篳篥、龍笛の宇宙」

    古代中国で誕生し、奈良時代に日本へ伝来した笙と篳篥と龍笛。古代の人々は、笙、篳篥、龍笛をそれぞれ天、地、空に例えたといわれています。
    この3つの楽器が奏でる天、地、空はまさに宇宙そのもの。普段は雅楽の合奏の中でしか聞くことのできない3つの楽器のそれぞれの歴史と魅力を紹介し宇宙の音を奏でます。

    • [日時] 5月9日(土) 13:30〜
    • [会場] アクトシティ浜松 音楽工房ホール
    • [料金] 一般1500円 学生1000円
取材協力
浜松市楽器博物館
浜松市中区中央3-9-1
[電話] 053-451-1128
[開館時間] 9:30〜17:00
[休館日] 第2、4水曜日(祝日の場合は翌日。8月は無休)12/29〜1/3 その他臨時に休館する場合有り。

その他おすすめのお土産はこちらをご覧ください。
はじめての浜松「その他」

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック