トップページ » 特集 » 矢野新一氏がズバリ占う!! 2010年大胆予想

特集

矢野新一氏がズバリ占う!! 2010年大胆予想

新年明けましておめでとうございます。皆様はどのようなお正月をお迎えでしょうか。新春号では「矢野コラム」でお馴染みの矢野新一氏による今年の日本、大胆予想です。今年も皆様にとって良い1年となりますように。

1. 鎌倉時代ブーム到来

昨年は、歴史人気が高まる中、『歴女』『戦国乙女』と呼ばれる歴史好きな女性たちが注目されました。小説、ドラマ、マンガやゲームに登場する人物の熱心なファンとなり、ゆかりの地をめぐったり、グッズを収集したり、また、『江戸しぐさ』−江戸で暮らしていた人々の心意気やふるまいなど−も見直されたのです。明治に入って多くの外国人が来日しますが、その人たちは一様に、その頃の日本人の生活や態度に感心しています。日本人の暮らしぶりは貧しいが、清潔で礼儀正しく外国人にも誠実に接してくれたと。これは明治時代だけではありません。今でも日本贔屓の外国人は多く、ボランティアで来たのに接待してもらったなど感動して帰る人は少なくないのです。ちなみに、日本贔屓の俳優では、ジョン・レノ、リチャード・ギア、キアヌ・リーブス、ロバート・デニーロ、スティーブン・セガール、監督ではスピルバーグやタランティーノなどがいます。

歴女や江戸しぐさブームは、和食→漢字→浴衣、歴史という流れに、NHKの大河ドラマの影響も加わって生まれた流れといってよいでしょう。1971年の「ディスカバリー・ジャパン」の再来のようです。昔の日本のいいところを見つめ直そうよ、という動きのような気がします。もうひとつ、草食系男子が増え、男っぽい男子が少なくなったため、凛々しい男性を待望してところもあるのでしょう。NHKの大河ドラマは幕末〜明治ですが、今年は頼朝や義経、観光地としての鎌倉など、鎌倉時代が注目される番です。

2. アロエブーム

「アロエは医者要らず」という言葉の通り、普段からアロエを服用している人は、抵抗力や免疫力がアップし風邪をひきにくい身体になるそうです。アロエは日本に伝わる以前から、ヨーロッパでは薬草だけでなく美肌効果を目的とするスキンケアとしても利用されていました。現在の医学ではガンになると抗がん剤の投与をしますが、副作用が強く患者に苦痛を与えてしまうことが多いようです。アロエの抗がん成分は薬のように即効性が無いので、時にはガンの進行に効果を発揮しない場合も有るようですが、長期間服用を行なっていれば、抗酸化作用や細胞を修復する作用などによってガンに進行する事を防ぐ事が出来ると言われています。今年も新型インフルエンザは猛威をふるうといわれているので、健康と美容に効くアロエが人気になるでしょう。

3. ウイスキーブーム

昨年の後半から「ハイボール」が人気です。これはサントリーの仕掛けが成功したものですが、もうひとつ理由があります。ウイスキーのような蒸留酒は太らないからです。アルコールに関しては色々な説がありますが、最も信憑性が高いのは、いわゆる蒸留酒である焼酎、ウイスキー、ブランデーなどのカロリーは、エンプティカロリーと言われ、人体に蓄積されない。極端に言えば、どれだけ飲んでもゼロカロリー。アルコールは全て分解排出されてしまうのです。逆に、醗酵酒の日本酒、ビール、ワインなどは、糖類や色々な有機物が含まれていて脂肪として蓄積されます。なぜ、信憑性が高いかと言えば、ビールは糖質ゼロ、プリン体カットのような製品が、日本酒も糖質ゼロの製品が発売されているのに対して、焼酎やウイスキー、ブランデーには、そのような製品が発売されないからです。(実際、日本酒、ビール、ワインにはプリン体が多く含まれています)今年はウイスキーがブームになりそうで、ひょっとしたらブランデーブームが来るかもしれません。

4.太陽光発電ブーム

家庭などの太陽光発電の余剰分を、電力会社が従来の2倍の価格で買い取る制度が2009年11月1日にスタートしました。買い取り価格は一般住宅で1キロワット時当たり48円。電力会社がこれまで買い取っていた価格の2倍にあたります。今後10年間にわたって電力会社は買い取りを続け、地方自治体も補助金を増額とくれば、太陽光発電はブームになること必至です。スポーツでは、Jリーグは本命横浜、穴は新潟。野球は、セリーグは本命ヤクルト、穴横浜、パリーグは本命楽天、対抗西武。

※ 昨年も大胆予想は大ハズレ(-_-;)。振り込め詐欺が継続したぐらいと野球のヤクルトと楽天がCSに参戦した程度でした。

著者 / 矢野 新一

昭和24年東京生まれ。専修大学経営学部卒業。市場調査機関を経て(株)ランチェスターシステムズに入社し、チーフコンサルタントとして活躍。昭和60年に独立し、(株)ランチェスター戦略の第一人者として東奔西走中。特に地域戦略に関しての理論やその指導に定評がある。県民性研究の第一人者でもある。

主な著書・・・「アカウントマーケティング」(PHP)、「最新ランチェスター戦略がわかる・できる」(ビジネス社)、「ARS戦略展開マニュアル」(日本経営合理化協会)、「都道府県別ヒット商品の法則」(青春出版社)、「県民性は7392通り!」(エイチアンドアイ)「『県民性』で結婚成就」など。最新刊は「ビジネスの9割は『県民性』でうまくいく」。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック