トップページ » 特集 » 景色を楽しみながら公園でウォーキング

特集

景色を楽しみながら公園でウォーキング

ウォーキングは手軽にできて体への負担も少ないスポーツ。運動不足やストレスを解消し、体脂肪を燃焼させる有酸素運動です。近所を歩くのもいいけれど、たまには少し遠出をして、景色の美しい場所でウォーキングをしてみませんか。今回は、草花や景色を楽しみながらウォーキングができる公園をご紹介します。

佐鳴湖公園

市街地に隣接する水と緑に恵まれた風光明媚な公園。佐鳴湖湖岸に沿ってぐるりと回れるウォーキングコースは1周約6km。大人で1周、約1時間10分のコースです。平坦な地形なので初心者でも歩きやすく、どこからでもスタートできるのもうれしい。

園内には8か所の駐車場があり、合計約290台の車が駐車可能です。それぞれの駐車場にトイレも完備されています。

新緑の季節は、西岸にて市内で最もたくさん並んでいるというメタセコイヤが目を引きます。また、歩く場所によって表情を変える佐鳴湖の風景は何度見ても飽きません。東岸の木の道のウッドデッキから眺める湖面に映る夕日は、一見の価値あり!

都田総合公園

芝生広場や複合遊具、わんぱくゲレンデなどがあり、家族連れに人気の公園。都田総合公園のウォーキングコースは、1周約1.6km。芝生広場近くの大駐車場がスタート・ゴール地点になります。山の地形を利用した公園のため多少の勾配はありますが、子どもでも楽しめるコースになっています。

この公園の魅力は、年中花が咲いていること。これからの季節はオオムラサキツツジやアジサイなどが楽しめます。

お花見園地や増沢の吊り橋などもウォーキングコースに入っているので、さまざまな風景を堪能しながら歩くことができます。お弁当を持って、ピクニック気分で一日ゆっくりと過ごすものおすすめです。

公園についての問い合わせ

佐鳴湖公園 北岸管理棟  TEL053-476-0210
都田総合公園 南管理棟 TEL053-428-4860

コラム

ウォーキングのポイント

ウォーキングをするときは運動しやすい服装で。靴もウォーキング専用のものがいいでしょう。帽子とタオルも忘れずに用意を。

歩くのに最適な時間は、食後2〜3時間といわれています。空腹時や食後すぐ、夏場は日中の日差しの強い時間帯は避けた方がいいでしょう。 出かける前には水分をしっかり取り、長いウォーキングには途中で水分の補給を。

最初は一日30分ほど歩くことを目安に。朝、晩2回に分けて15分ずつ歩くのもいいですね。

歩き方もマスターしよう

歩くときは背筋を伸ばして胸を張り、腕をしっかり振って少し速足にしましょう。歩幅は普段歩く時よりも少し大きめで。着地はかかとからするのがポイントです。

あまり頑張りすぎず、歩きながらおしゃべりができるぐらいのペースがいいでしょう。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック