トップページ » 特集 » 公園でウォーキング2

特集

公園でウォーキング2

湖畔の美しい自然と開放感あふれる景観の中に誕生した浜名湖ガーデンパーク。小さな子どもからお年寄りまで、気軽に楽しめる緑豊かな都市公園です。
浜名湖ガーデンパークには4つのウォーキングルートがあります。
4つのルートとも、スタートは西岸エリアの来園者用大駐車場に隣接する「緑地広場」。ここからゴールの里のエリアにある「花の美術館」まで、約1,2kmをおよそ20分で歩くコースです。

ルート1 「のたねルート」

スタート→中央芝生公園→花木園→カイヅカイブキ→ゴール

中央芝生広場

イベント広場に隣接した広々とした芝生の公園。ボール遊びなど、自由に利用できます。

花木園

クレマチスの柵に囲まれた休憩所があります。

カイヅカイブキ

樹木生産の盛んな浜松市浜北区の作品。50年以上の歳月をかけて仕立てられています。

ルート2 「ママフラルート」

スタート→ふれあい花壇・花ひろば→百華園→ジュラシックツリー→ゴール

ふれあい花壇・花ひろば

学校や企業、団体などがオーナーになる花壇です。

百華園

たくさんの種類のギボウシやシダ、ムクゲなど、園芸植物のほか、果実樹木や季節の花が咲く棚田風花壇を楽しめます。

ジュラシックツリー

恐竜時代から生き残る奇跡の植物「ジュラシックツリー」を見ることができます。

ルート3 「ジョウロンルート」

スタート→国際庭園→カリステモン→えのき橋→ゴール

国際庭園

ネパールや中国、韓国、タイ、イギリス、イタリアなどの伝統的な庭園様式を再現しています。

カリステモン

その形から「ブラシの木」と呼ばれます。

えのき橋

花の美術館やガーデンクルーズ、百華園などを一望できる絶好のビューポイントです。

ルート4 「パパフラルート」

スタート→ユニバーサルガーデン→臥龍の松→浜辺の観察園→ゴール

ユニバーサルガーデン

園芸福祉や園芸療法に利用できる花壇です。

臥龍の松

和の趣を持ったクロマツの作品です。

浜辺の観察園

散策のほか、野鳥や植生観察など浜名湖の水辺環境を楽しめます。

 

コラム

花の美術館〜モネの愛した「スイレンの池」を楽しむ

ウォーキングのゴールは「花の美術館」。ここは印象派の画家クロードモネがスイス・ジヴェルニーに造った庭をモネ生前当時の姿を模したものとして、2004年に開催された浜名湖花博のときに造られました。美術館の庭は、花の庭と水の庭という2つのコンセプトで構成されています。
これから夏にかけてはスイレンを楽しむことが。スイレンは主に午前中が見ごろです。

ノルディックウォーキングに挑戦!

2本のポールを使用して歩くノルディックウォーキング。ポールを使用することで足にかかる負担を軽減し、同時に上半身を使うことで運動効率がアップ。なんと、通常のウォーキングの1.2倍のほどの運動効果が上るそう。
浜名湖ガーデンパークでは、管理センターにてポールのレンタルを行っています(1回1セット200円)。毎月2回、ノルディックウォーキング教室も開催中。※人混みの中では、ポールを2本まとめてお持ちください

問い合わせ

浜名湖ガーデンパーク管理センター
浜松市西区村櫛町5475-1 TEL.053-488-1500

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック
  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook