トップページ » 特集 » 矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2015

特集

矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2015

新年明けましておめでとうございます。
皆様はどのようなお正月をお迎えでしょうか。
新春号では「矢野コラム」でお馴染みの矢野新一氏による今年の日本、大胆予想です。
今年も皆様にとって良い1年となりますように。

今年は、3月に北陸新幹線が開業(東京−金沢)。また、トヨタの燃料電池自動車をはじめ、8Kテレビ、アップルウオッチなどが登場します。大胆予想では、以下の4つを予想しました。

 

ぬいぐるみが人気に

画像:ぬいぐるみのイメージ

今年は高級掃除機ロボットが発売されて人気になりそうですが、認知症予防や癒やし効果が期待される高齢者向けのロボット人形も注目されます。話すだけでなく、最近は言葉を新たに覚えたり、反応を示したりと多彩に進化しているのです。増加する独り暮らしの高齢者の寂しさを和らげるコミュニケーションツールとして人気になるでしょう。
ドールセラピー(人形療法)』とは、高齢者が潜在的に持っている創造性や感性、感情を心おきなく表せる対象『赤ちゃん人形』や『ぬいぐるみ』を提供し、赤ちゃんの抱き心地といった「感触」や語りかけるような目、表情といった「視覚」などを入り口として我が子に注いだ「感情」を蘇えらせ、失いかけていた「愛し世話をする対象」、「生活の目的」を回復しようというものです。ロボットだけではなく、人形やぬいぐるみも効果があるのです。ぬいぐるみのなかでも、プーさんや羊、イルカ、ネコ、イヌなどのふわふわ抱き枕などが人気に。ひょっとしたら、企業のオフィスも、ぬいぐるみでにぎやかになるかもしれません。

高齢者の婚活ブーム

画像:高齢者の婚活ブームイメージ

昨年は、夫に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで、67歳の女が逮捕された事件がありました。2011年度実施の内閣府「高齢者の経済生活に関する意識調査」では、「困ったときに頼れる人がいない」とした割合が最も多かったのは、男性の一人暮らしで20.0%もありました。昔から、妻に先立たれた夫は短命となると言われていましたが、今でも、50歳からの平均余命は、妻のいる男性で約30年、妻のいない男性は約21年だそうです。(夫に先立たれた妻は1年くらいは落ち込むそうですが、それ以降は、桎梏(しっこく)から解き放たれてのびのびと暮す場合が多いそうです)となれば、高齢者男性の婚活がブームになるかもしれません。中高年専門の結婚情報サービスでは、入会金3万円、登録料3〜5万円、月会費1〜3万円、お見合い料5〜6千円、写真撮影1万円、成婚費15〜20万円となっています。また、結婚ではなく出会い系の中高年のお見合いパーティも手軽なので人気になるでしょう(5〜6千円)。昔から、結婚情報サービスをめぐるトラブルは意外と多く、「解約時の違約金が高額過ぎる」「相手が実在しない人物だった」などなど、「独立行政法人国民生活センター」にも、多くの相談内容が寄せられているそうですから、くれぐれもご注意下さい。

スイーツは和のハイブリッド

画像:スイーツのイメージ

最近は、クロワッサン×たい焼き、パンケーキ×ティラミスなど、様々なハイブリッドスイーツが登場しています。ショートケーキ、ミルフィーユ、モンブランなど不動の人気スイーツとメジャーなものを組み合わせることで新しいおいしさが生まれるのです。きっかけになったのは「クロワッサンドーナツ」。今年ようやく、本物のハイブリッドスイーツであるクロワッサンドーナツ「ドミニク・アンセル・ベーカリー」が日本に上陸し、表参道に出店する予定です。今年も、ショートケーキのようなドーナツ、プリンのような大福、シュークリームのようなパンケーキなどの登場が予想されていますが、わが国のバター不足を考慮すると「和」のハイブリッドスイーツが登場する可能性が大です。

ミスドの後はケンタッキー

コンビニでは、ドーナッツ戦争が勃発。セブンイレブンVSローソンVSファミリーマート、それに専門店のミスタードーナッツの戦いは、セブンイレブンの圧勝に終わり、ミスタードーナッツの大半のお店はシフォンケーキ専門店に衣替えすることに?勢いにのるセブンが、次に狙う専門店がケンタッキーフライドチキン。昨年のクリスマスで味を占めたセブンが本格的にチキンを強化して来ます。ケンタッキーが、どう守るか興味深いところです。

昨年の大胆予想では、ハズレっぱなしでした。今年は、Jリーグは、本命広島、対抗柏。野球は、セリーグは広島、パリーグはオリックス。今年もいい年になりますように。

著者/矢野 新一

昭和24年東京生まれ。専修大学経営学部卒業。
市場調査機関を経て(株)ランチェスターシステムズに入社し、チーフコンサルタントとして活躍。昭和60年に独立し、(株)ランチェスター戦略の第一人者として東奔西走中。特に地域戦略に関しての理論やその指導に定評がある。県民性研究の第一人者でもある。
主な著書・・・「アカウントマーケティング」(PHP)、「最新ランチェスター戦略がわかる・できる」(ビジネス社)、「ARS戦略展開マニュアル」(日本経営合理化協会)、「都道府県別ヒット商品の法則」(青春出版社)、「県民性は7392通り!」(エイチアンドアイ)「『県民性』で結婚成就」など。
最新刊は「ビジネスの9割は「県民性」でうまくいく」。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック