トップページ » 特集 » ガンバレ日本 リオオリンピック!2

特集

萩野公介さん

『時の人』の県民性

萩野さんは栃木県の小山市(おやまし)出身

萩野公介さん(はぎのこうすけ、21)は競泳の選手。
栃木の作新学院高校に進学した、2010年の第86回日本選手権水泳競技大会の男子400m個人メドレーで2位に入り、その年に開催されたパンパシフィック水泳選手権の日本代表に選出されます。
2012年4月、第88回日本選手権大会初日の男子400m個人メドレーに出場、日本新記録(高校日本新記録)をマークし、この種目でのロンドン五輪日本代表に決定。男子競泳における高校生での五輪出場は、萩野さん自身も尊敬する、北島康介さん以来となりました。
そのロンドン五輪では予選一位の記録をマークし決勝に進出、決勝では記録を大幅に更新し日本新記録でフェルプスに競り勝ち、3位に入りました。男子個人メドレー種目では日本人選手で初、高校生選手では56年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得しています。
ロンドン五輪では400m個人メドレーの銅メダリストでした。リオ五輪では、男子200m自由形、200mと400mの個人メドレー、800mのリレーと4つ競技に出場します。

萩野さんは栃木県の小山市(おやまし)出身。
栃木県の男性は、正直で真面目。恥ずかしがり屋が多く話し下手な「いぶし銀」タイプが多いですが、小山市などの県南部の男性は新しいもの好きで、洒落や冗談が好きなざっくばらんな人が多くなります。
明るくてフランクなだけに、萩野さんもプレッシャーにも強いはず。リオ五輪では金メダルがひとつということはないでしょう。とても楽しみです。

高橋英輝さん

『時の人』の県民性

高橋さんは岩手県花巻出身

高橋英輝さん(たかはしえいき、23 )は、競歩の選手。10000m競歩の日本記録保持者です。
競歩を本格的に始めたのは高校時代から。岩手大学に進学すると着実に力を伸ばしはじめ、大学4年時に出場した日本選手権20km競歩では1時間18分3秒の日本新記録 (当時) で優勝。2015年に富士通に入社しています。
今年2月に行われた日本選手権20km競歩で1時間18分26秒のタイムで2連覇を果たしました。
実は、リオで五輪初のメダル獲得が大きく期待されているのがこの「競歩」なのだそうです。
競歩というと、速めのウォーキングというイメージがありますが、とんでも8分、歩いて10分。20キロ競歩の場合、1キロのペースは4分前後で、フルマラソンに換算すると2時間40分台と走るのと同じくらいなスピードだと言われています。ちなみに、競歩は急流をさかのぼる魚のようなイメージで身体を動かすために、ウエストの引き締めに絶大な効果があるそうです。

高橋さんは岩手県花巻出身。岩手は県内全域が豪雪地帯に指定されているほど雪が多いところ。雪国では、雪下ろしを定期的にしないと屋根がつぶれてしまいます。そのため、雪国は勤勉で粘り強い人が多くなるのです。
競歩は、常にどちらかの足が地面に接していなければならないだけに、粘り強さが必要です。
リオ五輪代表選考会では「何度もダメと思ったのですが、最後まで頑張れた」と言っています。この粘り強さはきっと大きな力になることでしょう。
ロード種目では、歴代メダリストを輩出してきたマラソンに目が行きがちですが、リオでは競歩にも注目しましょう!

成松大介さん

『時の人』の県民性

成松さんは熊本出身

成松大介(なりまつだいすけ、26)さんはボクシングの選手(ライト級)。自衛隊の陸尉でもあります。
成松さんは5歳から小学校4年まではサッカーに熱中し、その後バスケットボール、中学時代は軟式テニスと小さなころから様々なスポーツを経験しますが、中学卒業まではボクシングはおろか、格闘技とは無縁の部活をしていたようです。
ボクシングとの出会いは高校時代。3年生の時には国体で優勝しています。その後、ボクシングの強豪である東京農大に入学。2011年〜2015年まで全日本選手権6連覇という偉業を達成しています。まさに国内敵無しの状態ですね。
2015年の「アジア選手権」は3位、今年の「アジア・オセアニア予選」でリオ五輪日本代表権を獲得しました。得意パンチは右フック。

成松さんは熊本出身。熊本は、昔から、「肥後モッコス」といわれます。
これは、偏屈で頑固で、融通がきかないという意味です。気性は激しく、短気で強情ですから、感情的になりやすい男っぽい「九州男児」のイメージそのものです。
競争心も強いし、特に恥とかメンツにこだわる人が多いです。これって、ボクサー向けの気質といってよいでしょう。

アマチュアボクシングの最高峰は「オリンピック」。リオ五輪からボクシング競技はプロボクサーも参加できるようになりましたが、プロボクサーが出場する可能性はかなり低いと言われています。(アマは3ラウンド制に対してプロは12ラウンド制。プロはアマのスピードについていけない。ルールもアマの方が厳格など)成松さん。村田諒太さんに続け!

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック