トップページ » 特集 » 女城主 井伊直虎特集 - 女城主 井伊直虎(いい なおとら)

特集

女城主 井伊直虎特集 - 女城主 井伊直虎(いい なおとら)

お家断絶の危機に立ち上がった、希代の“女城主”。歴代当主の中に記名はありませんが、受け継がれる井伊氏の歴史と、戦国時代を語る上で注目される人物です。

許婚との別れと出家

直虎(幼名・生年月日不明)は、井伊家第22代当主 直盛と新野左馬助親矩の妹との間に誕生した一人娘とされています。
直盛には嫡男がなく、従弟の亀之丞(後の井伊直親)を一人娘の許婚とし、井伊家の跡継ぎとする予定でした。ところが、天文13年(1544)、亀之丞の父・井伊直満が今川氏に謀反の嫌疑をかけられ殺害され、さらに当時9歳だった亀之丞も命を狙われたため、信濃(長野県下伊那郡高森町)松源寺に身を隠すことになります。一方、許婚から引き離された直虎は、菩提寺である龍潭寺にて出家を決意。龍潭寺第二世住職 南渓和尚によって井伊家跡継ぎの証である「次郎」を冠した「次郎法師」の名が与えられました。

逆らえぬ運命と虎松の誕生

11年後の弘治元年(1555)、亀之丞は無事井伊谷に戻り、直盛の養子となり「直親」と名を改めます。しかし、次郎法師はすでに出家しており、直親と結ばれることはありませんでした。直親は古くから井伊氏の家臣であった奥山氏の娘と結婚し、6年後、井伊氏待望の男子 虎松(後の井伊直政)が誕生します。ところが井伊氏の安泰は長く続かず、虎松誕生直後の永禄5年(1562)、今川氏によって直親が誅殺され、次郎法師の曽祖父にあたる井伊直平も戦中に死去。さらに直盛没後、井伊谷城代を務めた中野氏と新野氏まで戦死してしまい、井伊氏を継ぐ男子はわずか2才の虎松のみとなってしまうのです。

女城主 井伊直虎の誕生

永禄8年(1565)、次郎法師は幼い虎松を守るため、南渓和尚と相談し『井伊直虎』と名乗り、領主となる決心を固めます。“女城主”となった直虎が最初に直面したのは、今川氏から出された徳政令※でした。すぐに徳政令を受け入れれば、井伊家の存続が危ういと察した直虎は、これを2年間引き延ばすことに成功しますが、永禄11年(1568)、徳政令を実行し、直虎は城主の立場を失ってしまいます。母の暮らす龍潭寺 松岳院に身を寄せた直虎は、その後、戦況を見つめることしかできなかったのです。
※領主が債権者に対し、債権放棄を命じた法令で、鎌倉時代から室町時代、主に農民から農地を守るために用いられた。この時の徳政令は井伊氏の力を弱めるために出された。

家康の侵攻と今川氏の滅亡

直虎が城を出て一ヶ月後、三河の徳川家康が遠江侵攻を開始し、今川領となっていた井伊谷城、引間城、堀川城を立て続けに攻め落としていきます。ほどなく、長年、井伊氏を支配してきた今川氏が滅亡し、井伊領の運命は、徳川対武田の勢力争いに委ねられます。遠江に移った家康と武田信玄との間では元亀3年(1572)三方ヶ原の戦いが起こり、徳川軍は攻め込んできた武田軍に大敗し、井伊領は大混乱に陥ります。

虎松を家康の家臣に

武田信玄が死去し、やがて武田氏の勢力が弱まると、家康は遠江の領有を安定させます。天正3年(1575)、直虎と南渓和尚は、三河(愛知県)の鳳来寺に預けていた虎松を呼びよせ、浜松を居城としていた徳川家康と引き合わせるよう画策します。家康は、直虎や頭陀寺の松下源太郎に付き添われた15歳の虎松を小姓として迎え入れ、万千代という名を与え、井伊谷に領地を持つことを許しました。

直虎の先見力が井伊氏の運命を変えた

井伊氏断絶の危機を寸前で乗り切った直虎は、家康のもとで数々の功績をあげていく万千代の勇姿に安堵しながら、天正10年(1582)8月26日、その生涯を終えました。四十数年の生涯だったと伝えられています。許婚と引き離され、思い悩んだ末に出家し、決死の覚悟で“女城主”の役目を背負っていった井伊直虎。可憐で力強い橘の花のごとく運命に立ち向かっていったその姿は、今また、浜松の歴史の追憶へと誘ってくれるのです。

浜松市「井伊直虎GUIDE BOOK 井伊家ゆかりの地」より引用

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック